Event is FINISHED

韓国ドキュメンタリー映画『共犯者たち』上映&日韓シンポジウム

Description

●映画について

 韓国では、2008年、米国産牛肉の輸入問題の報道で李明博(イ・ミョンバク)政権が大打撃を受けたことから、本格的な言論弾圧がはじまった。最初のターゲットになった公共放送KBS(韓国放送)が、次に2010年「4大河川事業」の実態を告発した公営放送MBC(文化放送)もトップが入れ替えられ占領される。結局、放送検閲という最悪の状況の中、政治権力の広報基地に転落したKBSMBC2014年のセウォル号沈没事件時の誤報をはじめ2016年崔順実(チェ・スンシル)ゲート事件の真実さえ隠蔽されてしまった。

 映画『共犯者たち』は、この10年の間に公共の放送を台なしにした主犯たちと彼らと手を組んだ放送業界の共犯者たちの実体を明らかにするために、崔承浩監督がどこまでも彼らを探し出し全員カメラの前に立たせる。一方、権力に抵抗したプロデューサー、記者など内部職員たちがどのように反撃したのか、そして敗北した後、どのように転落していったのかを詳細に追跡する。韓国で大反響を呼んだ作品。映画公開後、奇跡の大逆転劇が起こった。

当日は、映画上映の後、監督の舞台挨拶に続き、日韓ジャーナリストによるシンポジウムを行ないます。

学生はすべて無料です。ふるってご参加ください。

●監督挨拶 崔承浩(チェ・スンホ)

1986MBCに入社。プロデューサーとして『PD手帳』をはじめ時事問題を深くえぐった数々の番組を制作してきた。2012年、MBCを不当解雇された後、市民の支援で作られた非営利オルタナティブメディア「ニュース打破」で活動を継続、権力の素顔を明らかにすべく聖域なき取材活動を行なっている。2016年、国家情報院のスパイ操作事件を扱った『自白』を初公開し、社会的に大きな反響を呼んだ。本作は二作目。この映画を公開した後、MBC労組は勝利し、201712月、崔承浩氏はMBC社長に就任し改革がはじまっている。


【プログラム】

<上映>13001450(開場12:30

<監督挨拶>15201550

<シンポジウム> 15501750

立教大学社会学部創立60周年記念シンポジウム

「日本の『共犯者』は誰だ? 権力とメディアの関係を問う


開会挨拶:岡本有佳(実行委員会共同代表、編集者)

パネラー

○金京来(キム・ギョンレ/ニュース打破記者、元KBS記者)

ニュース打破記者。1974年生まれ。2001年、KBS報道局入社。2010年のストで停職懲戒。2012年ストの時、「Reset KBS NEWS9」を制作し、KBSが報道しなかった情報をネット配信。2013年新たなジャーナリズムを求めてニュース打破に合流。

※当初予定していたMBC記者が韓国地方選特報のアンカーとなり、来日できなくなったため、パネラー変更となりました

○望月衣塑子(東京新聞記者)

東京新聞社会部記者。1975年東京生まれ。昨年からは森友学園・加計学園問題の取材しながら官房長官会見で質問を続けている。

○砂川浩慶(メディア総研所長、立教大学教授)

1963年沖縄・宮古島生まれ。86年早稲田大学卒、同年日本民間放送連盟に入り、放送制度担当など20年勤務。06年から立教大学。

◆コーディネーター:岩崎貞明(メディア総研事務局長)

閉会挨拶:金富子(東京外国語大学教授) 

--------------------------------------

●上映&シンポ入場料:1,500円(学生無料)

(シンポのみ入場料:1,000円)

●立教大学池袋キャンパス タッカーホール

JR「池袋」西口徒歩約10

丸ノ内線/有楽町線/副都心線 「池袋」駅西口より徒歩約10

西武池袋線 「池袋」駅西口より徒歩約10

http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/

●主催:『共犯者たち』上映シンポ実行委員会 https://www.facebook.com/kyouhanshatachi/

(共同代表:岡本有佳、砂川浩慶、委員:岩崎貞明、金富子)

      立教大学社会学部砂川ゼミナール

●協力:メディア総合研究所

◆問合せ:kyouhanshatachi@gmail.com

*車椅子の方はあらかじめご連絡ください。

ーーー

■実行委員会よりご協力のお願い

1)賛同団体募集中(チラシ配布など広報協力、チケット委託販売協力をお願いします)。広報物、FBなど団体名掲載します。

2)上映のためのカンパのお願い(監督・記者来日費用などのためご支援いただければ幸いです)。

Facebook

https://www.facebook.com/kyouhanshatachi/

★ツイッター

https://twitter.com/kazekobo5


★『朝日新聞』都内版(2018.5.29)にに記事が出ました。

https://www.asahi.com/articles/ASL5Q7QWML5QUTIL070.html

★『朝日新聞』朝刊「ひと欄」(2018.6.6)に崔承浩監督の記事が出ました。

https://digital.asahi.com/articles/DA3S13527692.html


★雑誌『世界』6月号(岩波書店)に、映画の背景がわかる「公共放送を取り戻すための韓国方騒人と市民たちの抵抗に学ぶ」が掲載されました。

『週刊金曜日』2018年6月1日(1186)号に、 #崔承浩 監督インタビュー掲載

★当日発売!『政治権力vsメディア 映画『共犯者たち』の世界』

 当日のみ特別価格で販売します。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#342951 2018-06-06 04:56:51
More updates
Sun Jun 10, 2018
1:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
上映&シンポ入場券 SOLD OUT ¥1,500
シンポ入場券 SOLD OUT ¥1,000
学生無料券 FULL
カンパ SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
〒171-0021, 3丁目-36-38 西池袋, 豊島区 Japan
Organizer
韓国ドキュメンタリー映画『共犯者たち』上映&シンポジウム
243 Followers
Attendees
391